レビュープラス

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    同業種交流会

     先日、知り合いの誘いで、ある飲み会に参加しました。私と同じ経理業務に携わる人たちが中心の集まり、いわば異業種交流会ならぬ同業種交流会です。

     経理業務というのは会計士や税理士などの資格を持っていなくてもある種の職人芸的なノリがあって、一旦経理セクションに配属されるとなかなか異動がなかったり、ある企業の経理部から他の企業の経理部、というように、他の職種に比べて転職率が高い傾向にあります。これは会計のルールが基本的にはどこに行っても同じということによります。会社は様々でも、会計基準は共通言語。国や人種が違っても英語を通じてコミュニケーションが取れるように、会計という共通のプラットフォームがあれば初対面でも話が弾みます。

     しかし、逆に実際の仕事の進め方はローカルな所があって、規模や業種も違うとやり方は様々です。毎回決算処理をやっていても、「このやり方でいいのだろうか」「もっと効率的な方法はないのだろうか」といつも考えることが多く、他の会社ではどのようにやっているんだろう、というのが以前から気になっていました。当然守秘義務なんかもあるので、突っ込んだ話が出来ない部分もありますが、他の会社の様子を少しは知ることが出来て大変勉強になりました。

     今後、IFRS(国際会計基準)が日本とアメリカでも導入されれば、世界の主要国のほとんどの会計基準が一つに統一されます。英語はまさに世界共通ですし、コンピューターの世界もプログラミング言語は世界共通。同様に会計でもIFRSが世界共通となります。そのように考えると経理のスキルに加えて英語ができればGoogleでもAppleにでも転職可能?でも逆に考えれば世界の会計人と同じ土俵で勝負しなければならないわけで、特にグローバル企業ではうかうかしていると経理業務を外国にアウトソーシング、とか、経理マネージャーをアメリカから採用、なんて事になるかもしれません。

     今の会社に入ってから結構な年数が経ち、すっかり落ち着いてしまいましたが、このまま今の会社に勤め続けるのか、それとも…なんて考えるのも結構微妙な年齢にもなってきました。どちらにせよ、他の会社の同じ職種の人たちと交流するということは、周りが何をやっているかを知るのにも、自分を振り返るのにも大変良い機会でした。これからもこういう機会があれば積極的に参加していきたいです。

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    テーマ : 日々のつれづれ
    ジャンル : 日記

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    tomonzo_jp

    Author:tomonzo_jp
    某社経理部勤務の税理士。英語勉強中。今年は今の仕事に加え何か社会貢献も。英語学習記事・書評・休日の鎌倉lifeなども気ままに書き綴りたいと思います。

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    TOMONZO Web積読本棚
    今読みたい本セレクションです
    リンク
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    英語学習