レビュープラス

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    読書レビュー~「ICO-霧の城」

     
    ICO-霧の城-(上) (講談社文庫)ICO-霧の城-(上) (講談社文庫)
    (2010/11/12)
    宮部 みゆき

    商品詳細を見る

     
    ICO-霧の城-(下) (講談社文庫)ICO-霧の城-(下) (講談社文庫)
    (2010/11/12)
    宮部 みゆき

    商品詳細を見る

     トクサ村に生まれたイコは村に何十年かに一人生まれる角の生えた子。「ニエの子」と呼ばれるその子は、13歳になると霧の城へ連れていかれ、決して戻ってくることはないという。イコの親友、トトは何とかイコが無事に戻ってくるような方法はないかと一人で村を飛び出し、ある書物を持ち帰る。その書物とは?そして霧の城で出会う少女、城に隠された秘密とは?

     PS2で発売されたゲームのノベライズ版ですが、ゲームを安易にノベライズ化したものでなくて、ゲームを体験した宮部みゆき氏がどうしてもこの舞台を小説化したという強い希望で本書が誕生したようです。「ブレイブ・ストーリー」等、ファンタジー小説には定評のある宮部氏により再現されたICOの世界は、ゲームをやっていなくても楽しめます。でも、城の中の細かい描写など、小説を読んでいるだけではなかなかイメージできない場面が多く、ゲームをやっていたほうが情景は浮かびやすいかもしれません。

     と色々調べていると、どうやら9月にPS3でのリメイク版が出るらしいです。ちょっと興味アリ・・・



    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村


    スポンサーサイト

    テーマ : 読んだ本。
    ジャンル : 本・雑誌

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    tomonzo_jp

    Author:tomonzo_jp
    某社経理部勤務の税理士。英語勉強中。今年は今の仕事に加え何か社会貢献も。英語学習記事・書評・休日の鎌倉lifeなども気ままに書き綴りたいと思います。

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    TOMONZO Web積読本棚
    今読みたい本セレクションです
    リンク
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    英語学習