レビュープラス

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    NYのスカベンジャーハントとFoursquare

     
    New York Times Square / DoctorWho


     今朝のテレビ東京「モーニングサテライト」でのニュース。NYで「スカベンジャーハント」なるものが密かなブームになっているとのこと。スカベンジャーハントScavenger huntとはもとはゴミ漁り人のような意味の単語だったみたいですが、ここでは借り物競争、宝探しゲームみたいな意味らしいです。

     利用者はWeb上で登録を済ませたあと、実際に現地でスカベンジャーハントをスタートすると、メールで指令が来ます。◯◯にある銅像の名前を答えよ、とか◯◯の写真を撮れ、とか。その回答をメールで送るとその場所にちなんだ豆知識がメールで送られてくるというゲームです。

     スカベンジャーハントを運営するストレイブーツはこのサービスを2年前から開始。今ではニューヨーク、ラスベガスなど5都市で展開しています。スカベンジャーハント、アメリカでは大学などでよく行われるイベントだそうで、NYではそれまでも美術館などでリストアップされた美術品を見てまわるスカベンジャーハントがあったみたいなのですが、それをネットを使って、街全体に範囲を広げたところがウケているようです。

     スカベンジャーハントの指令は1地域で最大30個。所要時間は2-3時間で12ドル(約1,000円)。11地域すべてを回るツアーは30ドル(約2,400円)です。驚いたのは、このゲームが有料であること。 ただ豆知識の情報がもらえるだけ。そんなのネットで調べたらわかることですよね? でも人気が出るということは、Web上で調べる情報ではなく、自分の足で探して情報をゲットするという欲求をみんなもってるってことなのかなと思います。

     ところでこのニュースを見ていて思ったのですが、これってfoursquareやFacebookのチェックインを使ったサービスにぴったりじゃないですか?何ヶ所か回ったら耳より情報をもらえる。景品がもらえたり、割引が受けられたりというのでもいいですね。スタンプラリーやオリエンテーリングのようなものだけど、それをスマホを使ってやるとまた新鮮味があって盛り上がるのではないでしょうか。

     4sqやFacebookのチェックイン機能、今は単独のお店でのチェックインやクーポンを楽しむことしかできませんが、そろそろ商店街や街全体で協力してのサービスが出てきてもおかしくないですね。先日@town_bさんがfoursquareを使った鬼ゴッコのことをblogに書いていましたが(foursquare鬼ごっこ、やってみない?)、お店同士、人同士をつないだゲーム、サービスが今後いろいろ生まれてくることを期待します。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    テーマ : 日々のつれづれ
    ジャンル : 日記

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    tomonzo_jp

    Author:tomonzo_jp
    某社経理部勤務の税理士。英語勉強中。今年は今の仕事に加え何か社会貢献も。英語学習記事・書評・休日の鎌倉lifeなども気ままに書き綴りたいと思います。

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    TOMONZO Web積読本棚
    今読みたい本セレクションです
    リンク
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    英語学習