レビュープラス

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Project Meshの衝撃

    PM全体写真_convert_20110215000035

    3連休真ん中の2月11日、第2回のProject Meshミーティングに参加してきました!

    ミーティングの内容についてはこちら

     ミーティングの様子はProject Mesh のblogに譲るとして(実は私が書いています)、ここではミーティングで感じた衝撃を書いてみたいと思います。

    バラエティーに富んだ参加者に衝撃
     プロジェクトが始まっておよそ2ヵ月、活動に賛同してくれる人は80人を超えました。ミーティングへの参加はそのうち20~30人位なのですが、参加者が増えると人財がますます豊富になってきました。英語が得意な人、ITに強い人、営業系の人…一般企業、公的機関、経営者、大学生など職業もバラエティーに富んでいます。それぞれに強みを持った人がいて、まさに集合知で何か大きな事ができそうな気分。ちなみに私は英語クラスタということで参加していますが本当の専門は経理・財務。今はお会計くらいしかできないけどそのうち役に立つはず!?

    皆の元気よさに衝撃
     参加者はこれ以外にも様々な活動に参加していたり、プロと見まがうほどのblogを執筆している人もいて、私ももっと時間があればなあと思っていたのですが、聞いてみるとほとんどの人が普通に会社勤めしています!みんないつ仕事してるの?って感じです。しかも家庭もすごく大事にしている人たちばかり!自分も最近ようやくアクティブになってきたかなと思ってましたがまだまだ甘いということを痛感しました。

    Project Mesh モデルの衝撃!

     ミーティングの後半ではSocialtranslation(ST)でコラボっている板橋悟さんに、著書「ピクト図解」のセミナーを開催していただきました。そのセミナーの最後のワークとして、Project Mesh をピクト図解化したのですが、図解化してみると衝撃の事実が!みんながボランティアでやっていると思われていたProject Mesh 、周りの人に「なんでも見返りもってないのにやってんの」と思われていたのが、実は物々交換の巨大なプラットフォームになりうることが判明!例えばSTにしても、翻訳することの金銭的見返りは0円ですが、「ピクト図解」のセミナーをやってもらうことによるスキルの獲得や、The MESHのPRをする事により本が売れてメンバー増加のPRになるなど、個人個人の満足感以外にも実際のビジネスとしての装置となっていたのです!Project Meshのビジネスモデルに気づかせてくれた「ピクト図解」の板橋さんに感謝!Project Meshビジネスモデルのピクト図解は、そのうちProject Meshのblogで発表したいと思います。

     このProject Mesh、日に日に盛り上がってきてスゴイことになりそうな予感!おそらくメンバーが100人を超えたらさらに面白くなり、1000人を超えたら何かが起こると思います。「3人寄れば文殊の知恵、1000人寄ればMESHの知恵」なんてことになれば、社会が変わる小さなきっかけになるかもしれない。ますます面白くなってきました!
    スポンサーサイト

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    tomonzo_jp

    Author:tomonzo_jp
    某社経理部勤務の税理士。英語勉強中。今年は今の仕事に加え何か社会貢献も。英語学習記事・書評・休日の鎌倉lifeなども気ままに書き綴りたいと思います。

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    未分類 (0)
    英語学習 (40)
    その他 (113)
    英語多読記録 (17)
    鎌倉LIFE (19)
    英語学習記録 (77)
    読書感想 (37)
    Third Place (46)
    会計・税務 (3)
    Mac (1)
    サイクリング (4)
    TOMONZO Web積読本棚
    今読みたい本セレクションです
    リンク
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    英語学習