レビュープラス

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    セミナーのもう一つの効用~川上さん×木暮さんコラボセミナーにて



     先週の土曜日、「独裁者の最強スピーチ術」の川上徹也さん×「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?」の木暮太一さん コラボセミナーに参加してきました。

     セミナーの内容を書こうと思ったのですが、同じくセミナーに参加された方が、僕が書くよりもはるかうまくまとめられていましたので、そちらを紹介させていただきます。なんという他人のふんどし状態(^_^;)…

    【セミナー】「スピーチ術」川上徹也さん×「働き方」木暮太一さん コラボセミナーを開催してきました

    「最強スピーチ術」川上徹也さん×「いつまでこんな働き方?」木暮太一さん コラボセミナー

     さて、ここからが僕の感想なのですが、講演内容自体はもちろんのこと、それ以上に得るものが多かったこのセミナー。そもそもFacebookを通じて友達が募集していたイベントに申し込んだのが参加のキッカケ。

     会場には何人か友人がいたので、挨拶なんかをしてるうちに、その友人の一人から「紹介したい人がいるんですよ!」と、僕と同じ仕事の方や繋がりのありそうな人を何人か紹介していただいたのです!

     その方々とは名刺交換、Facebookの友達申請と、早速繋がりができました。これからもいろんなイベントでご一緒できそうで、さらに交流の輪が広がりそうです。著者の川上さん、木暮さんとも名刺交換させていただき、サインまでいただいちゃいました!さらにそのサインをもらうために並んでいた後ろの人と何気なく会話をしていると、偶然にも仕事上の共通の話題が!その方とも名刺交換をさせていただき、Facebookの友達に!

     正直これまではお金払ってセミナー出て、っていうのはあまり気乗りがしなかったんです。本読んどけば充分じゃん、みたいな気持ちで。しかし実際に参加してみると、著者の話が直に聞けるだけでなく、思っていた以上に色々収穫があるものだと再認識しました。セミナーで知識を得るのも楽しみですが、人とのつながりが増えるのはもっと楽しいですよね!

     人とのつながり作り、情報交換もさることながら、こういうセミナーの参加者は前向きな方が多いです。そういう人達と交流することによって、自分も前向きな気持ちになれる、そんな気がします。

     これからも積極的に出かけよう、と思ったセミナーでした。

     最後に、川上さん、木暮さん、素敵な講演をありがとうございました!そして企画して下さった皆さんに感謝です(^ ^)

    スポンサーサイト

    ゆいwiki朝の読書会開催しました!

    今朝はゆいwikiで読書会を開催しました。残念ながら募集していた追加の参加者はいませんでしたが、いつものメンバーで雑談も交えながらゆるーい読書会。1人ひとりがそれぞれ持ちよった本を紹介する形式で、紹介された本はこの5冊でした。

    いやな気分よさようなら

    〈増補改訂 第2版〉いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法〈増補改訂 第2版〉いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法
    (2004/04/27)
    デビッド・D.バーンズ、山岡 功一 他

    商品詳細を見る

     うつ病の治療をしてきた著者が、うつ病にならないためのセルフトレーニングのことを書いた本。認知療法という方式で、今の自分の気持ちを10の要因に分類し、それに気づくことによって原因を取り除いていきます。心のバイオリズムは多かれ少なかれ誰にでもあるもの。うつ病じゃない人にも読んで欲しい本、ということです。

    銃・病原菌・鉄

    銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
    (2000/10/02)
    ジャレド ダイアモンド

    商品詳細を見る

     原始時代まで遡って、人類の歴史を辿り、西欧の文明が世界を支配するようになった原因は何か、アフリカやアメリカ大陸が西欧の侵略に屈したのは何故か、を解き明かしていく歴史本。これ、前から読みたいな~って思ってたんです。上下巻で結構ボリュームがあるので二の足を踏んでいたのだけど読んでみようかな。

    米国製エリートは本当にスゴいのか
    米国製エリートは本当にすごいのか?米国製エリートは本当にすごいのか?
    (2011/07/08)
    佐々木 紀彦

    商品詳細を見る

     アメリカのエリートはどのように育っていくのか、教育の実態はどうなっていくのか、など、ジャーナリストの著者が実体験に基づいて書いた本とのことです。

    レバレッジ人脈術

    レバレッジ人脈術レバレッジ人脈術
    (2007/12/14)
    本田 直之

    商品詳細を見る

     おなじみ本田直之さんのレバレッジシリーズ。今回は人脈編です。~術って聞くと、テクニックに走ってそうなイメージですが、決してそうではなく、人脈を増やすにはまず自分が相手に与えること。そして情報を発信することによって人が集まってくる、という内容のようです。7つの習慣の一つ、「理解してから理解される」というのと同じですね!

    ヤバい経済学
    ヤバい経済学 [増補改訂版]ヤバい経済学 [増補改訂版]
    (2007/04/27)
    スティーヴン・D・レヴィット/スティーヴン・J・ダブナー

    商品詳細を見る

     これは私が紹介した本です。こないだ大相撲の八百長が世間を騒がした時に、八百長が実在することを統計的に書いていたこの本がプチ話題になりました。経済学というよりは、統計的手法を使って、世の中の常識を覆す、真実をあぶり出す的な内容です。

     以上5冊の本を順番に紹介していったのですが、一冊の本の紹介が終わるたびに話が弾み、あっという間の1時間でした。題材は雑誌でも漫画でもよかったのですが、毎週朝活に参加しているメンバーだけあって、マジメな本が集中しましたね。

     今後も月に1回くらいは開催していきたいです。

     ゆいwikiは会社以外のフラットな人とのつながり、知の共有を目的として、平日は毎週火曜日の朝、休日は不定期で読書会、勉強会その他のイベントを開催しているコミュニティーです。ご興味のある方はこちらのページをご覧ください。
     
     過去の記事 朝活プロジェクトを立ち上げます

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村



     

    テーマ : 日々のつれづれ
    ジャンル : 日記

    ゆいwiki 朝の読書会、開催します!

     朝のひととき、読書好きが集まって本についての思いをシェアしませんか?

     3月からみんなとのつながりと情報の共有を目標にゆいwikiというコミュニティーを主宰してきました。その中の企画で盛り上がったのはやはり本についての話題です。一冊の本を何週間かかけて読みすすめたりもしましたし、何気ない雑談の中でも、「いまこんな本読んでるんだ」みたいな話題がしょっ中です。

     そこで、もっと広く参加者も募集して、月に1回くらいのペースで本をメインにした、いわゆる「読書会」を開催したいと思います。特に本のジャンル、テーマは絞らずに、以下のような流れで開催します。

    1.参加者は一人一冊、みんなに紹介したい本を準備する。
    2.当日は4~5人が一つのグループになる。
    3.発表する順番を決め、順番が来たひとは、簡単な自己紹介と、持って来た本の紹介を5分程度で行う。
    4.発表を受け、その本やその人の話した内容について、5分程度、みんなで意見を交換し合う。
    5.それが終わったら次と人の順番で同じ事を繰り返す。


     月に1回くらいのペースで開催しようと考えています。その都度募集を行いますので、毎回参加出来なくても構いません。また、出てみたいけど初めてで本の紹介なんてできるかなぁと不安な人は、お試し参加(みんなの発表を聞くだけ)も歓迎です。テーマは「本」ですが、それを語るのはあくまで「人」。その場の情報交換に終わるだけでなく、続けて参加いただいたり、オフラインでもtwitterやfacebookでやり取り出来るような集まりにしたいと思っています。親しくなって読書会で読みたくなった本の貸し借りをするなんてのもいいですよね!

     第1回は以下の要領で募集いたします。

    開催日時 8月23日(火曜日) AM7:30~8:30
    開催場所 品川駅港南口 アトレ品川2F DEAN&DELUCA
    参加費 無料、ただし飲食代は各自負担


    参加希望の方は以下のページからお申し込みください。皆さんのご参加、お待ちしております!
    http://twipla.jp/events/11599

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村

    テーマ : 本に関すること
    ジャンル : 本・雑誌

    SNSで「一期一会」を「一期百会」に!?

     twitterやfacebookなどのSNSって、実は単にNETでのやり取りを楽しむのではなく、リアルな繋がりを強化する最高のツールです。私はTwitterやFacebookをやるようになってから、会社や家族以外のサークルでの付き合いかたが、それまでと180度変わりました。

     そもそもSNSをやっていないと、会社以外の人と知り合う機会はあまりなかったのですが、それらを通じてのオフ会やセミナーに参加して、また新たな人との出会いが生まれます。新たな出会いがあった場合、これまではその時に名刺交換などをして、メールアドレスや電話番号を知ったとしても、よほど意気投合しないと、次にメールや電話をするキッカケもなく、それっきりになってしまっていました。しかし、でSNS相互フォローや友達になっていると、能動的に連絡を取り合わなくてもお互いが何をやっているかを知る事が出来、相手の書き込みに対してコメントやtweetをしているうちに、話題が深まったり、また一緒に何かをやろう!という新しい展開が生まれたりもします。

     出会ったあとではなく、出会う前にも変化が。SNSを通じて人と会う場合、初めて会う人でも、事前にそのTwitterをフォローしたり、Facebookで友達になっていれば、会う前から人となりを知ることが出来、初めて会ってからいきなり話がはずんだりもします。

     どちらかというと人と連絡を取るのが億劫な私。これまではせっかく人と知り合っても、その後連絡を取り合うこともなく、関係が自然消滅するばかりでした。20年前の学生時代、イギリスにホームステイで3週間くらい過ごしたときも、ホストファミリーの方や現地の英会話学校のみんなとつながりが出来たにもかかわらず、2,3度電話や手紙のやり取りをした後はそれっきりになってしまい、いまでは連絡を取るすべもありません。今考えたらもったいないなぁと思います。

     学生時代や前の職場の友人たちも、いまやほとんどコネクションが途切れてしまいました。まぁこちらのほうは同窓会名簿なんかをたどれば連絡先はわかる場合もあるし、年賀状をやり取りしている人もいるのですが、いまさら電話をする要件もないしなぁ。こんなとき、SNSで繋がっていれば、気軽に声がけができるのですが、まだまだアカウントを持っている人は少なく、検索してもなかなか同窓生は出てきません。

     そう考えると今は便利な時代になったなぁとしみじみ思います。これからどれだけ新しい人と出会うか、そして旧友と再会するかわかりませんが、一期一会、その一瞬も大切ですが、せっかくの縁、「一会」に終わることなく、SNSでその次につなげればなぁと思います。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    テーマ : 日々のつれづれ
    ジャンル : 日記

    続けるということ

     自主的に始めた行動。やりたくて始めたのに続けるのは意外と難しいです。

     3月から始めた朝活、「ゆいwikiコミュニティー」。いつの間にか5ヶ月が過ぎ、もうすぐ半年になろうとしています。立ち上げ当初はあれもやりたい、これもやりたいとやりたい事がたくさんあったのですが、出来た事も、出来なかった事もあります。でもまあ「継続は力なり」で、ここまで続けられたことについては満足しています。毎週朝早くから参加していただいている皆さんに感謝です。で、これからも続けていくためにはどうすればいいか、をいま考えています。

     物事を続けるという事、やり始めたときには簡単に思えますが、実際に続けるのは難しく、いつの間にか途切れてしまいます。続けるためにはまずモチベーションが必要ですが、それに加えては3つの条件が必要だと考えています。

    1.続けるための時間が確保出来る事
     仕事や家庭、他にもやる事がたくさんある中で何かを続けようとする場合、それをやるための時間が確保できている事が重要です。私の場合は、何かを始めても、経理という仕事柄、決算の時期には残業が続き、時間が確保できずいつの間にかやめてしまうことが多いです。また仕事の邪魔が入らない場合も、他にやりたい事が出来た場合は、そちらとの優先順位で続かなくなってしまうこともあります。

    2.習慣化できること
     1と若干被りますが、物事を続けるには、ある程度習慣化できている必要があります。毎日、毎週、毎月…続ける内容と本人の性格によって習慣化が上手く行くペースがありますが、そのツボを見つけることがポイントです。私の例ですと、Blogは毎日更新というペースにしないと続けられないし、ゆいwikiの場合は相手もいるので週一回のペースがしっくりきます。

    3.続けていくためのネタがあること
     単純作業であったり、やるべきことが決まっている勉強なんかの場合は考えなくてもよいのですが、継続するためには、何をやっていくかを考えていかなければなりません。Blogの記事は毎日のネタ探しに困ることもしょっちゅうですし、ゆいwikiもまさにいま、次は何をやろうという事を考えています。毎週フリートークも楽しいのですが、せっかく朝の仕事前の貴重な時間をみんなとシェアする訳なので、意義のあるものにしたいのです。

     ということで、いまゆいwikiのリニューアルを考えています。これまで固定メンバーで朝集まっていたのを、もう少しオープンにして、読書会やIDOBATA cafeを織り交ぜていこうかなと。また詳細が決まりましたらUPしますので、興味がある方はぜひご覧下さい。
     
     ゆいwiki立ち上げ時の記事 「朝活プロジェクトを立ち上げます!」
     http://supertomonzo.blog27.fc2.com/blog-entry-113.html

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    テーマ : 日々のつれづれ
    ジャンル : 日記

    プロフィール

    tomonzo_jp

    Author:tomonzo_jp
    某社経理部勤務の税理士。英語勉強中。今年は今の仕事に加え何か社会貢献も。英語学習記事・書評・休日の鎌倉lifeなども気ままに書き綴りたいと思います。

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    TOMONZO Web積読本棚
    今読みたい本セレクションです
    リンク
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    英語学習